カードローン預金

MENU

預金を併用する

カードローンの利用をする人は是非とも行なってほしい事があります。それは預金です。カードローンの返済がない時には出来るだけ預金をしておくのです。そうすればいざという時のカードローンの利用は少なくて大丈夫なのです。そして、完済後にはまた預金を再開していくようにします。預金がある程度の金額になればカードローンを利用せずに生活が出来るようになるでしょう。

 

カードローンを利用するのは借金ですから、後から返済する義務が発生してしまいます。しかし、預金は先に貯めているお金なのですから、時間的な部分を抜きにすれば同じ事になるでしょう。先に使って後から支払うのと、先に支払ってから後から使うと言う違いは、ある意味では毎月の負担と言う部分は殆ど同じなのです。違うのは金利というものが払う側になるのかもらう側になるのかの違いです。貰える金利は非常に少ないですが、払う金利が高いのでその差はかなりの物になるでしょう。これが出来る人は借金に依存する事が無くなります。すると金利負担という支払いが無くなる分お金も貯まるようになるのです。預金は楽しく行えますが、返済は苦しく長い道のりに感じられます。何時でも使えるお金を持つと簡単に使うのは惜しくなりますが、借りたお金は惜しく感じない人が多いと思います。預金する様になれば自然とカードローンの利用は減っていき、いずれ利用しなくなるようになると思います。頑張ってそれを目指すのはとても価値のある事なのです。

預金を併用する関連ページ

カードローン少額短期完済で利息がお手頃に
カードローンでいう、少額短期完済で利息も少額で利用することができます。
返済計画を建てる
返済計画を立てて利用するのが常識です!
負債には注意しましょう
カードローンを無計画に利用して負債を大きくしないように注意しましょう!
自己管理
自己管理をしっかりして、計画的に利用していきましょう。