カードローン負債

MENU

負債の概念

負債の概念とは何なのでしょうか。この事を考えてみたいと思います。負債とは資産の反対語です。これから支払うべき責任のあるマイナスの資産と考えられます。これを自分という人間の時間軸を基準に考えてみましょう。現在の負債は過去の自分が使ってしまったお金の支払う事です。現在の負債を作る事は未来の自分が支払う責任を持つのです。つまり負債は将来の自分に追わせる責任です。

 

今が楽しく過ごせれば良いと思ってお金を借りて楽しく過ごしたとしても将来の自分がその責任を負い返済していくのです。発想を変えてみれば、将来の自分が手に取るべき収入を使ってしまっている事になるのです。それは未来の自分が使えるお金が減る事を意味します。これをし過ぎれば未来の自分が苦しくなるのはお分かりになるでしょう。しかも、金利負担というおまけまで付いてくるのです。預金はこれとは逆に未来の自分が使えるお金を増やす行為です。過去や現在の自分が頑張って預金をすればする程未来の自分が楽になれるのです。こう考えると借金と言う負債を作りたいと思う人はそれ程多く居るとは思えません。何故ならば未来のお金を先に使うのは圧倒的に不利な金利負担という物が存在するからです。そして自分自身が苦しむ事がわかっていてそれを未来に残す事は普通の人であればしたいとは思わないでしょう。自分の未来を汚してしまうのが負債と言う物の本質なのです。未来の自分が苦しまないように、楽になれるように誰もが生きている筈なのです。

負債には注意しましょう関連ページ

カードローン少額短期完済で利息がお手頃に
カードローンでいう、少額短期完済で利息も少額で利用することができます。
返済計画を建てる
返済計画を立てて利用するのが常識です!
預金を併用する
カードローンを利用する前に預金をして使わなくてもいいようにしておきましょう!
自己管理
自己管理をしっかりして、計画的に利用していきましょう。