カードローン自己管理

MENU

自己管理をしっかりしましょう。

カードローンの利用には自己管理が欠かせません。これは責任が発生する借入という行為だからです。責任が取れる範囲内で利用するべきなのですが、現在は総量規制の影響で債務の膨張に歯止めがかかっています。つまり、責任が取れる状態が長く続いてしまうのです。融資枠一杯借りても返済がそれ以上増えて行きませんので、何とか支払える状況が続くことになります。

 

しかし、これは責任が取れるのとは違います。ただの現状維持をしているに過ぎないのです。金利とはお金を借りた事の手数料ですから債務が消えない限りは支払い続ける必要があります。これを永遠に支払い続ける必要はありませんし、出来るだけ早急に支払わないようにしなくてはいけません。つまりは完済して債務を消してしまう事が必要になるのです。50万の融資枠の金利負担のみを続けると毎月の金利は7500円になります。元本の返済をしなければこれが永遠に続くのです。一方で7500円を毎月預金すれば6年絶たずに50万円の預金が出来ます。同じ7500円を支払っているのに6年後には資産が100万円の差になってしまうのです。どちらが良いかと聞かれて戸惑う人はいません。負債が50万円の人と資産が50万円の人は誰でも資産を持ちたいでしょう。しかし実はもっと厳しい現実があります。それは金利負担をしてきた人の負担総額は既に50万円を超えているという事です。50万円の負債に50万円の金利負担をして来ているのです。仮に50万の負債を現時点で完済するとしましょう。すると100万円の支払いをした事になりますが、手元には何も残りません。全て消えてしまったお金になるのです。この圧倒的に不利な状況は自己管理をしていれば防げるのです。

自己管理関連ページ

カードローン少額短期完済で利息がお手頃に
カードローンでいう、少額短期完済で利息も少額で利用することができます。
返済計画を建てる
返済計画を立てて利用するのが常識です!
預金を併用する
カードローンを利用する前に預金をして使わなくてもいいようにしておきましょう!
負債には注意しましょう
カードローンを無計画に利用して負債を大きくしないように注意しましょう!