カードローン返済計画

MENU

返済計画を建てる

カードローンの負債を抱えたら、とにかく返済をしていかなくてはいけません。毎月の返済額は元本と金利になりますが、元本の返済が少なければ何時まで経っても負債は減らない事になってしまいます。またカードローンの借入は自由医行える為返済直後に借入をする事も可能です。

 

しかし、このやり方は返済ではなく金利負担をしている事になります。融資枠が残っている状態でこれをすれば、借りて返しているのと違いがありません。こうした方法は毎月の返済という義務をクリアするだけの方法ですので、負債を減らすという意味においては殆ど機能していない事になります。負債は早く完済してしまえばそれだけ金利の負担が少なくなります。実現可能な返済計画を立ててそれを実行する事でなるべく金利負担を少なくするべきなのです。また、返済計画の立てているのにそれに相反する行動はするべきではありません。他の債務を増やすような行為や放漫な金銭の利用がそれに当たります。せっかく金利負担を減らして完済を目指しているのに、他の債務を増やすのでは意味がありませんし、お金に余裕があっても無意味な買い物や浪費をしてしまうと、金利負担を軽減する意味が失せてしまうのです。つまり返済計画とは自分のお金に対する向き合い方そのものを見直す事になるのです。返済計画を立てる時には自分のお金の使い方全般にも注意するべきでしょう。それを考えていなければ返済計画自体の実行性が薄れてしまうのです。返済しているから良いのでは無く、返済しながら自分を律して行く事を忘れないようにしなくてはいけないのです。それが出来なければ、未来は完済後もまた債務を作るだけかもしれません。

返済計画を建てる関連ページ

カードローン少額短期完済で利息がお手頃に
カードローンでいう、少額短期完済で利息も少額で利用することができます。
預金を併用する
カードローンを利用する前に預金をして使わなくてもいいようにしておきましょう!
負債には注意しましょう
カードローンを無計画に利用して負債を大きくしないように注意しましょう!
自己管理
自己管理をしっかりして、計画的に利用していきましょう。