融資枠 総量規制

MENU

融資枠の設定と総量規制

カードローンを契約する際にはその融資枠を設定されます。この枠内で自由に借入が出来るシステムなのです。消費者金融のカードローンでは貸金業法の総量規制という制限が設けられています。これは貸金業法管理下の金融機関が全体で一人の利用者に対して融資できる金額を制限する制度です。その制限は年収の3分の1までとされており、この制限を超えてカードローンの契約をする事が出来ません。例えばA社で50万円のカードローンの契約がある人が年収300万円だった場合、新たにB社に契約を申し込んでも50万円までの契約しか出来なくなります。そしてB社と契約すると総量規制一杯となり他社の契約は出来ない事になるのです。

 

この様に一人の利用者に対して共通の上限を守る必要がある為、消費者金融各社の営業拡大は難しくなっています。また、総量規制導入以前からの利用者の多くは既にこの上限を超えていた為、新たな借入が出来なくなりました。また、総量規制による制限がない場合でも債務が多い人には慎重な対応がされるようになりました。以前はいくら債務があっても契約が出来たりしたのですが、現在は長引く景気低迷の影響で収入が不安定な人が多く昔のように簡単に契約してくれない消費者金融が増えてきたようです。融資枠自体は後から見直す事も可能ですので、新規の契約は20〜30万円の融資枠で契約して利用実績に応じて後から枠の追加を行う事も増えているようです。債務が多い人の場合は融資枠が3万円と言う事もあるようですので、注意が必要でしょう。

融資枠の設定と総量規制関連ページ

無担保高金利の融資
カードローンは無担保で融資を受けることができます!
いろんな種類のカードローンがある理由
なぜカードローンにはいろんな種類のカードローンがあるのかご存知ですか?
カードローンの歴史
カードローンの歴史について