無担保高金利 融資

MENU

無担保高金利の融資

カードローンは無担保の高金利な融資商品です。契約の際に担保を必要としませんが、その代わりに貸し倒れリスクを高金利で担保しているのです。その金利は大抵が18%前後となっています。50万円の融資を受ければ年間9万円の金利負担になるのです。この金利の意味は担保がない事への対策だとしたら、余り有利な条件とは言えません。それならば担保がある低金利な融資を利用するべき事は誰の目にも明らかでしょう。しかし、そのような担保が準備できない人も大勢居ます。

 

また、担保を付ける場合は連帯保証という人の可能性も高く、他人に理由付け出来ない場合も多いでしょう。こうした事からカードローンでは無担保で高金利でも利用されているのです。カードローンは一度契約してしまうとその利用は契約者の自己管理に任されてしまいます。追加融資を申す込む必要もなく融資枠の範囲内であれば自由に借入が出来てしまいます。それも消費者金融の看板のあるATMに出向く必要もありませんので、殆ど誰にも知られる事無く利用が可能なのです。コンビニに出かけて、ついでに借入する事が出来ると言うのは、かなり安易に利用が出来てしまうのです。しかし、借りたものには返済する義務と金利負担という経費が必要になります。小額のうちは余り気になりませんが、負債額が増えてくると重い負担になるでしょう。つまり、私達消費者にも利用法によってはリスクのある融資である事を理解しておく必要があるのです。

無担保高金利の融資関連ページ

いろんな種類のカードローンがある理由
なぜカードローンにはいろんな種類のカードローンがあるのかご存知ですか?
融資枠の設定と総量規制
総量規制という言葉を耳にしませんか?総量規制とな何なんでしょう?
カードローンの歴史
カードローンの歴史について