カードローン

MENU

カードローンとは記事一覧

カードローンは無担保の高金利な融資商品です。契約の際に担保を必要としませんが、その代わりに貸し倒れリスクを高金利で担保しているのです。その金利は大抵が18%前後となっています。50万円の融資を受ければ年間9万円の金利負担になるのです。この金利の意味は担保がない事への対策だとしたら、余り有利な条件とは言えません。それならば担保がある低金利な融資を利用するべき事は誰の目にも明らかでしょう。しかし、その...

カードローンには2種類の商品があります。その理由は管理されている法律の違いです。貸金業法で管理されている消費者金融は融資枠に総量規制という制限があります。銀行法で管理されている銀行のカードローンには殆ど規制がありません。この2種類のカードローンの違いは融資枠の上限が法的に定められているか、定められていないかの違いになります。しかし、現実問題となると銀行のカードローンの審査は概ね厳しい判断になる場合...

カードローンを契約する際にはその融資枠を設定されます。この枠内で自由に借入が出来るシステムなのです。消費者金融のカードローンでは貸金業法の総量規制という制限が設けられています。これは貸金業法管理下の金融機関が全体で一人の利用者に対して融資できる金額を制限する制度です。その制限は年収の3分の1までとされており、この制限を超えてカードローンの契約をする事が出来ません。例えばA社で50万円のカードローン...

カードローンが誕生した直後はサラ金と呼ばれる融資システムで、非常にイメージの悪い物でした。その原因は自己管理出来ずに多重債務化してしまう事にありましたが、高金利の為に返済が難しいという特徴に対する報道にもよるものでした。サラ金時代の金利は49%程度で融資が行われていましたので、一度借入をするとなかなか返済が進まない現実もあったのです。その後金利が見直され29%で長年融資されてきましたが、最高裁判所...