カードローン審査基準

MENU

カードローン審査基準について

カードローンの申し込をすると利用希望者に対して審査をする事になります。その際に基準になるポイントを紹介します。

 

まずは、現状での債務の状況はカードローン審査基準の一つになります。ショッピングローンや銀行融資等では、利用の度に信用情報に登録されます。また、カードローンの申し込み記録も数ヶ月間は記録されるそうです、急に何社にも申し込みをすると審査の際の印象は悪くなります。契約出来たかではなく、申し込み履歴の記録ですので注意しましょう。

 

次に、勤め先と収入がポイントになります。収入に関しては申込みの際、収入証明を提出するのでその書類を参考にすることが多いようです。

 

家族構成や住居形態も見られます。家族がいる人は自分が自由に利用出来るお金が少ない筈ですし賃貸に住んでいれば家賃が必要になるからです。

 

こうした全体的な情報を見た上で審査される事になりますが、消費者金融は主に総量規制の管理下にある融資契約額を重視します。総量規制では申込者の年収の3分の1と決められています。そのため、上限に近いと契約が難しくなってしまうのです。

 

銀行カードローンの場合は総量規制がないため、審査の基準が消費者金融とは多少異なり、会社への勤務年数や自宅電話番号を所有しているか、これまでの信用情報を重視した内容になる為、消費者金融に比べると審査基準が厳しいというのが一派的です。

 

カードローンの審査