カードローン在籍確認

MENU

在籍確認とは

カードローンの申し込みをすると在籍確認と言う調査が行われる場合があります。これは申込書に書かれた職場に申込者が在籍しているのかの確認作業です。嘘の申告をして架空の企業を書いたり、在籍していない企業を申告する事が無いように対策されているのです。通常は個人名での電話という形で職場に電話が来る筈です。もしかすると知らない企業名を名乗るかもしれませんが、金融機関の専門の部署の名前かもしれません。知らないと言って居留守などを使うと審査に通らないかもしれません。以前はこのような在籍確認はなかったのですが、過去の勤め先等を申告され収入を高くして総量規制の枠を広げようとする動きがあり、それを対策するように考えられているのです。

 

一応消費者金融側では在籍確認は行うという趣旨の説明がされていますが、必ずしもある訳では無いようです。一度も在籍確認がないままカードローンの審査を通る場合もあるようですので、省略される場合もあるようです。ただし、その基準は公表されておらず、在籍確認はすると言う事になっていますので、在籍確認が無い前提では無く、あると思った方が良いと思います。職場によっては電話の取次が難しい場合もあるでしょうから、そのような場合は自前に金融機関に告げておきましょう。要は在籍確認だけですので本人が在籍していれば取り次がれなくても大丈夫なのです。職場にもクレジットカードの在籍確認です、と言っておけば大丈夫でしょう。